「アメリカン・ジャズ・ナイト」 American Jazz Night

2012.10.25

 

 

帝国ホテル大阪にて米国空軍太平洋音楽隊―アジアによるジャズ演奏会「アメリカン・ジャズ・ナイト」を開催しました。このイベントは、関西日英協会および大阪・サンフランシスコ姉妹都市55周年記念事業実行委員会との共催によるもので、関西日英協会の40名、そして大阪市のご招待者100名が加わり、300人を越える参加者たちが、ビッグ・バンド編成によるスィング・ジャズを心ゆくまで堪能しました。

 米国空軍太平洋音楽隊は、グレン・ミラーが創設した陸軍航空隊軍楽隊の流れを汲むもので、団員はすべてプロのミュージシャンです。グレン・ミラーを彷彿させるスタンダードナンバーをはじめ、名曲「思い出のサンフランシスコ」や「涙そうそう」などの幅広いレパートリーを、力強くかつスムーズに、そして時にはユーモアをちりばめながら演奏し、予定の1時間はあっという間に過ぎてしまいました。

 パトリック・リネハン総領事の乾杯で幕をあけた懇親会では、演奏を終えたばかりの団員の方々もユニフォーム姿で参加し、招待された米国人留学生も交え、皆と一緒に歓談とお食事を楽しみました。また、音楽隊から思わぬ記念品の贈呈もあり、音楽を通じての日米交流のイベントは大いに盛り上がりました。

 

    We had a concert “American Jazz Night” played by USAF Band of the Pacific-Asia at the Imperial Hotel Osaka.  This event is co-organized by the Japan-British Society of the Kansai (JBSK) and the 55th Anniversary of Osaka-San Francisco Sister Treaty Committee.  Over 300 people, including 40 from JBSK and about 100 invitees by the Osaka City, enjoyed the great music of “swing Jazz.”

    USAF Band of the Pacific-Asia, which is a descendant from Glenn Miller’s Army Air Force Band, consists of all pro-musicians selected through strict auditions.  Demonstrating a wide variety of repertoires from Glenn Miller’s standard numbers such as “Moonlight Serenade” to “I Left My Heart in San Francisco” and “Namida-so-so” a warming song of Okinawa, allocated time of one hour had quickly gone with powerfully articulated performance.

    After the concert, a reception was held with a toast by USCG Patrick Linehan.  The band members who had just finished the performance also joined the party and everyone enjoyed the food and conversation in a beautiful setting at the Imperial Hotel.  At the end of the party a surprise gift was presented from Capt Haley Armstrong to JASO President Mr. Torii, which hilighted the friendship between Japan and America shown through music.

 

 

top